山口にある医学部専門の予備校で受験勉強をして合格したことについて

学校の先生、両親からは諦めた方が良いと言われ

内科医の叔父の姿に感銘を受け | 学校の先生、両親からは諦めた方が良いと言われ | 合格することが出来たので本当に良かった

高校3年になっても成績は上がらなかったので、学校の先生からは進路変更をした方が良いと言われ両親からは諦めた方が良いと言われました。
それでも私が諦めなかったのは、今進路変更したら必ず後で後悔すると思ったことと私の尊敬する内科医の叔父が励ましてくれたからでした。
私は何とか1年で成績を上げて医学部に入ろうと思い一生懸命勉強することにしたのですが、独学で受験勉強をするのは無理があると感じました。
そこで予備校に通って勉強したいと考えてインターネットで調べたところ、医学部専門の予備校が見つかったのでそこに行って体験授業を受けることにしました。
その予備校の授業は少人数で行われていて皆真剣そのものの目つきで勉強していたので、この環境の中で受験勉強をすれば必ず成績が上がると確信しました。
そのため私はどうしてもその予備校に入りたいと思い両親に相談したところ、父親は悔いのないように最後までやってみろと言ってくれました。
私は父のその言葉に本当に有難いと感じて、絶対にめげずに最後まで頑張って勉強をしようと心に近いその塾に通うことにしました。