山口にある医学部専門の予備校で受験勉強をして合格したことについて

内科医の叔父の姿に感銘を受け

私の実家は山口県にあり私は高校を卒業するまでそこで暮らしていましたが、卒業と同時に京都にある大学に通うために上京して今は大学の近くにあるアパートを借りてそこで一人暮らしをしています。
私は医師になるために医学部に入ったのですが、毎日とても忙しく授業に付いて行くのがやっとの状態です。
ただ絶対に医師になりたいと言う強い気持ちがあるので、少し位きつくてもしっかりと勉強を頑張って理想とする医師になるために頑張りたいと思っています。
私が医師を目指すきっかけとなったのは叔父が内科医として開業していて、その叔父の患者さんのために一生懸命に働いている姿に感銘を受けたからでした。
私はそれを見て自分も将来絶対に医師になるんだと心に決めていましたが、なかなか成績が上がらなかったために色々と大変でした。

内科医の叔父の姿に感銘を受け | 学校の先生、両親からは諦めた方が良いと言われ | 合格することが出来たので本当に良かった